フジ・島田彩夏アナ、虐待死した5歳女児の”反省文”に嗚咽「どんな思いで死んでいったかと思うと…」

フジ・島田彩夏アナ、虐待死した5歳女児の”反省文”に嗚咽

東京・目黒区の女の子(5)が、両親から虐待を受けて死亡した事件で、女児が生前に書き残していた両親への「反省文」が話題となっている。

この反省文の内容を伝えたフジテレビの女性アナウンサーが、生放送中に目に涙を浮かべ嗚咽する一幕があった。