東京・自宅に兄の遺体放置した63歳の弟を逮捕「兄が葬式をしなくていいと言っていた」

自宅に兄の遺体放置した63歳の弟を逮捕

※画像はイメージです。

自宅に兄の遺体を放置したとして、警視庁八王子署は17日、死体遺棄容疑で東京都八王子市上野町の職業不詳の男(63)を逮捕した。

男は、「税金がかかると思ったのと、兄が葬式をしなくていいと言っていた」などと話し、容疑を認めている。