【※ドラゴンボール※】フリーザ「私は、あなたの子供を身篭りたいのです!」 ベジータ「えっ?お、俺の…!?」フリーザ様がまさかのメス・・・!?

フリーザ様がまさかのメス!?

フリーザ「そうです、あなたの子、…サイヤ人の子をです!」

ベジータ「こ、この俺様がフリーザ様の婚約者だと…ッ!?」

ベジータ「もう一度言ってみろ!それは本当か!?」

キュイ「ああ、どうやらもう決定項らしいぜ…ケケッ、おめでとよ!」

ベジータ「き、貴様ァ、嘘だったら承知せんぞっ!」

キュイ「おお怖っ、まぁせいぜい可愛がってもらうんだなベジータちゃん」プックク

ベジータ「こ、この俺が…、…いやそんなことよりフリーザの野郎、メスだったのか…?」

フリーザ「ほーっほっほ、話し方で女性だと気付きませんでしたか?殺しちゃいますよ…?」

ベジータ「!?フ、フリーザ…様!!?」

フリーザ「…今夜、私の寝室に来なさい。わかりましたね…?」

ベジータ「は…、はっ!かしこまりました!」

ベジータ「クッ、なんてことになっちまいやがったんだ…クソッ」

フリーザ「ベジータさん」

ベジータ「!!」ビクッ!

ベジータ「フ、フリーザさま…?」