福岡・20代の銀行員の女、“性的暴行”を警察に虚偽通報して書類送検!「彼氏の気を引きたかった」

捜査関係者によると、県内に住む20代の銀行員の女は、インターネット上で知り合った男2人に「連れ去って、性的暴行をしてほしい」と依頼した。

そして今年6月、男2人は実際に宗像市内で女を連れ去ってわいせつな行為におよび、その後、女は「性的暴行の被害にあった」と家族に相談。家族が警察に通報した。

しかし、警察のその後の捜査で、事件はあらかじめ示し合わしたものだったことが明らかになった。
警察は今月、女と男2人の合わせて3人を、偽計業務妨害の疑いで書類送検した。

調べに対し、女は「仕事に行きたくなかった。彼氏の気を引きたかった」と話しているという。