沖縄・母親を殺害した19歳の息子 動機は「分からない」と話す 近所の住民は「普通の子だった」

宜野湾市内のアパートで15日、同居する介護士の母親=当時59歳=の胸などを刃物のようなもので刺して殺害したとして、鉄筋工の息子(19)が殺人容疑で逮捕された事件で、息子が殺害動機について「分からない」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。アパートを訪れた娘が部屋に入ろうとした際、玄関のドアチェーンが掛けられていたことも分かった。県警は息子が母親を殺害後、ベランダから逃走した可能性が高いとみている。

 事件は15日に発生。アパートを訪れた娘が、母親が胸から血を流してベッドの上で倒れているのを見つけて110番通報した。

 県警は他の関係者からも事情を聴くなどして、トラブルの有無など動機についての裏付け捜査を慎重に進める。16日に遺体の司法解剖を実施。脇にも刺し傷が及んでいたといい、死因などを調べている。