とある高校で、黒板に「呪」という文字が何度消しても浮かび上がってきて…

534 名前:名無し 投稿日:02/03/12 11:24

A高校は新学期から一年生が1クラス増え、その教室は今まで教材置き場としてしか使われたことのなかった教室だった。
梅雨に入った6月の半ばごろ、そのクラスのTは早めに学校についた。

教室に入ると早く来たせいか誰もいない。
ふと黒板を見ると赤いチョークで

「呪」

という字が大きく書かれていた。

Tは何かの悪戯だろうとそれを消した。
翌日、Tが朝一番に教室に入ると、またそれはあった。
Tはすぐに消したのだが、気味悪く思い、朝は学校を遅めに出る事にした。

それから三日後、Tが教室に入ると、黒板には最初に見た時と同じように「呪」の文字があった。
ただ違うのはその字が赤いチョークよりももっと濃い赤でまだ乾いていない絵の具のようなもので書かれていた事だった。
既に登校していたクラスメートも何人かまわりに集まっていた。
その日一番最初に登校したSに話を聞くと、

「ここ3日ほど最初に教室に来てて、「呪」の字を消してたのだけど、気味悪い悪戯だから今日はこのまま残して、先生やみんなに見てもらおうと思った。」

と言った。