青森・男性巡査、未明まで酒を飲み酒気帯びで運転免許の更新へ!センターの職員が気づき…

男性巡査、未明まで酒を飲み運転免許の更新へ

※画像はイメージです。

青森県警は8日、休日に酒気帯び状態で自家用車を運転したとして、県警本部に勤める20代男性巡査を道交法違反の疑いで青森区検に書類送検。停職3カ月の懲戒処分にした。

車で行った運転免許センターで、職員が酒のにおいに気づいて発覚した。
巡査は同日付で辞職した。