韓国・車暴走、運転手は“9歳児”!およそ50分間にわたって7キロほど運転「ゲームで学んだ」

駐車場を走行する場面をとらえた、車載カメラの映像。
すると、止まっていた車に突っ込み、停止した。

これだけではなく、何度もぶつかっては止まるという乱暴な運転を繰り返した。

明らかに様子がおかしいこの車。
驚くべきことに、ハンドルを握っていたのは、小学3年生、9歳の少年だった。

現場は、韓国・大田(テジョン)市内にある区役所の地下駐車場。