元なでしこ・丸山桂里奈、”イチローと自分は似ている”発言にスタジオざわつく!他にも問題発言を連発して…

この日の番組では、マリナーズのイチロー選手が球団と会長付特別補佐の生涯契約を結んだニュースを紹介。これにより、イチロー選手は今期の残り試合には出場しないことが発表されたわけだが、日本人初の大リーグでの指導者への可能性も見えるなど、偉大なことであることは間違いない。

 コメンテーターとして出演したプロフィギュアスケーターで、タレントの村上佳菜子は「これだけ本気で何十年も1つのことを続けるっていうこともすごいこと。やっぱり最後に決めるのは自分なので、私たち応援している側は本人が決めたことを応援していけたらいいなと思いますよね」と、活躍する競技は違えど、長く第一線で活躍してきたイチローに同じアスリートとして敬意を表した。

 そんな村上とは対照的に、丸山は「ちょっとイチロー選手と私、似てるところがあって…」と語り始めると、「私、アメリカで1年プレーしていたんですよ。その時にメンバーから外されて、サポート役に回るっていう役割になったんですよ。メンバーから外されるというのは、イチローさんはどういう理由かはわからないですけど、私が外された理由を聞いたら、『君はやっぱ、靴ひもを結んでいるよね』と言われたんですよ。メンバーを外された理由が靴ひもだったんで…。もちろん、イチローさんは靴ひもを結んではいないと思いますけど…そういうのもあったので…」と、もうひとつ意味のわからないコメントを残し、スタジオをざわつかせた。