南アフリカ・前大統領、7人目の妻は52歳年下!自分と同じ誕生日に23人目の子供も生まれる

今月4日、格安航空会社「クルラコム(Kulula)」のエコノミー席を利用していた南アフリカのジェイコブ・ズマ前大統領。今度は南アフリカ・ダーバンの病院に現れた。しかも生まれたばかりの息子に会いに行ったことを『News24』などが報じている。

4月12日、ダーバンのブサメド・ヒルクレスト私立病院(Busamed Hillcrest Private Hospital)でズマ前大統領にとって23人目となる子供が誕生したようだ。男の赤ちゃんの母親は52歳年下で24歳のノンカニソ・コンコさん(Nonkanyiso Conco)とされており、この日は奇しくもズマ氏の誕生日であった。

ボディーガードを引き連れたズマ氏は12日夜、帝王切開で出産したコンコさんと産まれたばかりの赤ちゃんに会うために病院をお忍びで訪れていた。病院側はコメントを避けているが、複数のスタッフはズマ氏が訪問したことを認めている。元大統領の訪問とあって、当日は産婦人科の病棟から一時患者を移動させるなど厳重な警備で臨んだようだ。