ディーン・フジオカ、歌声披露するも「俳優に専念したほうがいいのでは?」の声

民放初の主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)を完走したディーン・フジオカ。今年は歌手活動にも精力的に取り組んだ。

初の全国流通盤となるファーストEPの「Permanent Vacation/Unchained Melody」を7月にリリース。「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)、「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」(日本テレビ系)に出演し、同曲をお披露目した。9月放送の「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」では、人気アニメ「ユーリ!!! on ICE」 のテーマ曲「History Maker」を熱唱して大盛況。また、10月28日放送の音楽特番「ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)ではトップアーティストたちとの共演を果たしている。

この番組でディーンは、主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」の主題歌である楽曲「Let it snow!」を歌唱したのだが、立て続けの音楽番組出演に視聴者からは「音程が不安定」「サビのファルセット出てないだろ」「ディーンは観覧ゲストだと思ったら歌うのかい」「やはり俳優に専念したほうがいいのでは?」などと、思わぬツッコミを食らったようだ。